サンティアゴ証券取引上:2014年2月以来の激しい急落

なりたい自分

サンティアゴ検証取引所は週明けから損失、2年以来の最悪の取引で週を始めた。

中でもIPSAによると,3590指数で0,63%下がったと2014年2月より下回ると発表した。

一方、IGPAは,17.741,57ポイントの0,57%安まで下がり、 INTER 10は 0,79%減, 4.196,45ポイントで取引を終えた。

悪い結果となったのはここだけではない。産業部門全般でもサブインデクスが赤字の0,91%、銀行は1,40%、そしてCommoditiesは1,19%で取引を終えた。

一方、EnersisとConcha y Toroワイナリーの株式は、それぞれ、0.76パーセントと1.40パーセントの増加となった。

他にプラスに終わったのはRipleyの5,79%、E-CLの3,63%、そしてMasisa の3,54%だ。

反対に急落となったのはSQM-B は-3,83%、 Andina-B は-3,20%そしてLan航空は-2,85%となった。

コメントは締め切りました。