電気通信次官が今朝の警告メッセージに対し、モビスターに最大1,000 UTM (約4,500万ドル)の罰金の支払いを発表

0

今朝約5:45にさまざまな地域で何千人もの人々に警告メッセージが放たれた後 電気通信、次官は、モビスターが独自に起こした結果に直面する事になると発表した。
電気通信省(Subtel)は依然として影響を受けたユーザーの最終的な数を決定するために情報を収集しているが、最大のメッセージ到着数は約800,000人であると推定されている。
同次官はメッセージは管轄当局に正式に送信された物では無く、電話会社によって行われた技術的なテストの一部とみなされていることを発表した。
警告メッセージはモビスター・ネットワークをサポートしている、他の企業( Virgin やVTR)にも影響を与えたが、長官は受信しなかったユーザーの動機と受信機の数を発見するために検証プロセスを実施することを指摘する。
モビスターを危険にさらすことになる罰金は、今の所最大4500万ドル(

1,000 UTM)である。
(La Tercerra 2016年3月7日より)2016.03.07. Pic

You might also like More from author

コメントを残す