チレニスモ!チリ弁を習おう★No.3 「ウェオン!」

0

皆さん、先週紹介したチレニスモは使ってみましたか?今週も張り切って学びましょう!

1)Como estai?(コモエスタイ?)これは通常のスペイン語Como estas?と同じでごきげんいかがですか?っと言う意味ですが、語尾がチリなまりになっています。特にインフォーマルな場や友達同士の間で使われます。またはDonde estas?(何処にいるの?)なども、Donde estai?(ドンデエスタイ?)となります。

2)Fome(フォメ)これは、”つまらない、くだらない、いけてない”というような表現です。英語でだとBoringやUncoolにあたります。

3)Paco(パコ)これはCarabineros(警察官)の事を指し、会話している中で良く使用しますが、とても軽蔑した呼び方であり、間違っても警察官に向けて言わない様にしましょう。

4)Flaite(フライテ)以前の生活コラムでも少し触れましたが、これは不良という意味です。チリのスペイン語は既に独特のなまりや方言がありますが、フライテ達はさらにフライテ達ならではのなまりがあり、現地の人は話すのを聞いてるだけでフライテを把握する事ができます。意味は「チンピラ」に近いです。

5)Weon(ウェオン)ご紹介が遅れましたが、特に男性の方はチリのスペイン語を話すには欠かせない物です(笑)。良く耳にされる方がいらっしゃるんでは無いでしょうか?ウェオンはとにかくたくさんの用途で使われます。日本語を話す時にあてはまる言葉はありませんが、いわゆる友達、君(きみ)、バディーみたいな感じでしょうか。英語ではMan(マン)やMate(メイト)などと似てますが、Hola weon(オラウェオン)など、英語ならHey youの様な感じで、フレンドリーに用いられる事もあれば、人と肩などがぶつかった時にWeon!っと言われると、何なんだ!っと言う感じで、ネガティブに使われる事もあります。Weonは男の人に対しての呼び方なので、女版はWeona(ウェオナ)になりますが、女性同士、仲が良い友達の間でWeonaと呼び合うのは一般的でも、男性が女性に対してウェオナと呼ぶことはとても失礼にあたいするので、気を付けましょう。

チレニスモも奥が深いですが、知れば知るほど面白く、チリ人の表現をもっと理解できるようになりますよ。

コメントを残す