チレニスモ!チリ弁を習おう★No.1 カッチャイ!?

3

スペイン語はスペイン語圏でも、その国によって方言があり、特にチリ弁(笑)は独特な方言だと言われています。このコーナーでは毎週少しずつチリ弁(チレニスモと言います)を紹介して行きたいと思います。

なりたい自分

チレニスモ 1)チリ人は語尾の“S”を省略する!

例えばNos vemos(See you later/またあとで)は通常、“ノスベモス”と発音しますが、チリ人が言っているのを聞くと、“ノベモ!”っと聞こえます。その他 Mas o menos(More and less/まぁそんな感じ)も、“マスオメノス”では無く“マオメノ”っという様に全ての語尾の“S”が省略されているのが特徴です。

チレニスモ 2)Po “ポ”の多用

チリ人が話しているのを聞くと、“ぽ”っと語尾と言っている事に気づきます。

Si(はい)Po、No(いいえ)Po、Obvio(当然)Po などと言う感じです。聞いていると可愛いですが(笑)Poはそこまで意味はありませんが、主に会話の内容を強調される時に使われます。英語を話す方は解るかも知れませんが文末に“Though”を用途する時と同じ感じです。“I wanted to do that…though”など、日本語だったら、“-けど”や“-のに”などと似てる感じかもしれませんね。Poをつけるのが癖で言っている人も多々いるかと思います。

チレニスモ 3)Cachai?(カッチャイ?)

これはチリ独特の言い方版の通常のスペイン語ではEntiendes?(Understand?/解った?)です。

チレニスモ 4)Bakan(バカン)

これもチリ独特で、英語だとGreatやAwesome、日本語だと、すごい!やったぁ!などと同じです。特に若い世代が使っているチレニスモです。

チレニスモ 5)Al tiro(アルティロ)

標準のスペイン語ではAhora mismoで、日本語だと“今すぐ”、英語だと“Right away”です。これも日常良く耳にする代表的なチレニスモです。

皆さんも普段の会話に取り入れてまわりのチリ人を驚かしましょう♪

3コメント
  1. […] 皆さん、前回の5つのチレニスモはマスターできましたか? […]

  2. 安楽 言う

    No.1の5つのチレニスモ、マスターしました!
    カッチャイ?カッチェ!! ウケました(笑)
    このチレニスモシリーズ最高です、ありがとうございました

    1. Lidia Yuki
      Lidia Yuki 言う

      嬉しいコメントありがとうございます。チリ人と会話されるときに使われると、親近感が増します。目上の人や職場関係の人には、気心が知れるまでは直ぐに使わない方が良いですが。

コメントを残す