お勧めお出かけスポット 第八号 「サンクリストバルの丘~メトロポリタノ自然公園 I」

2

今日はサンティアゴの一番のお勧めスポットと言っても過言では無いメトロポリタノ自然公園の紹介です。(Cerro San Cristobal)サンクリストバルの丘は、サンティアゴ市街を一望できる丘で有名ですが、その公園内には動物園があったり、面白い公園やプールもあり、さらには日本庭園まである見どころたっぷりの公園です。内容が濃くなりそうなので、何度かに分けて紹介したいと思います。

なりたい自分

まずサンクリストバルの丘へのアクセスは全部で8コありますが、一番主要とされているエントランスはBellavistaにあるPio Nonoからの入口です。

Odekake 2016.04.27. cable car entrance

この入口からはケーブルカーに乗って丘の頂上まで行く事が可能です。もちろん、ハイキングが好きな方は徒歩や、マウンテンバイクなどに乗って頂上まで行く事もできます。歩いて行くと頂上まではおよそ45分程です。

しかも、今年は長年停止されていたロープウェイも、4月29日(もうすぐですね!)からオープンするので、サンクリストバルの丘に行くのがますます楽しみになって来ますね。

Odekake 2016.04.27.Teleferico

今回はPio Nonoにあるケーブルカーと丘の頂上まで辿りつく間にある動物園の紹介をしたいと思います。

まず、ケーブルカーですが、夏季は火曜日から日曜日までが午前10時から午後7時45分までの運行で、月曜日は午後1時から午後7時45分まで冬季は火曜日から日曜日が午前10時から午後6時45分までの運行となります。

Odekake 2016.04.27. cable car

運賃は月曜日から金曜日が動物園行きの片道が大人800ペソ、 子供500ペソ。頂上までが片道大人1500ペソ、子供1000ペソ。往復料金が大人2000ペソ、子供1500ペソです。

週末の運賃は、動物園行きの片道が大人1000ペソ、 子供650ペソ。頂上までが片道大人1950ペソ、子供1300ペソ。往復料金が大人2600ペソ、子供1950ペソです。

なんだか昔懐かしいケーブルカーにゆっくりゆられながら丘に上がっていくのはとても楽しいですよ。見える景色もどんどんと変わっていくのが良いです。

そして、丘に着く前に到着する動物園について。

Odekake 2016.04.27. zoo

動物園自体は小さいですが丘をうまく利用した設計は見事なもので、そこから見える景色もまたキレイです。動物園にはチリの天然動物のラマ、コンドー、ペンギンなどが生息し、絶滅危機にさらされているプドゥなども 見ることができます。その他にはライオン、キリン、カンガルー、象、エミュー、シロクマなどもおり、楽しいひと時を過ごせる事は間違いないと思います。

動物園の営業時間は夏季が午前10時から午後6時(最終入場午後5時)、冬季が午前10時から午後5時です。料金は大人3000ペソ、子供と学生が1500ペソです。

動物園を見学した後にはぜひ丘の頂上まで行って見て下さいね。この丘から見える景色は最高です!

Odekake 2016.04.27. view from san cristobal

特に雨が降った次の日などは空気が澄んでおり、遠くまで隅々と見ることが出来ます。

丘まで着いたら(特に歩いて頂上まで登った人は)ぜひmote con huesillo(モテコンウェシージョ)を飲んで見て下さい。これはチリのドリンクでのちに料理図鑑でも紹介したいと思いますが、見た目はちょっとギョッとしますが甘くて美味しいですよー。

Odekake 2016.04.27. mote

2コメント
  1. […] さて、前回からの続きですがサンクリストバルの丘の頂上でmote con huesillo(モテコンウェシーヨ)を飲んだ後は、ぜひVirgin Mary(バージンメアリー)を見に行きましょう。 […]

  2. […] 以前、サンクリストバルの丘を紹介した時に出てきたMote Con Huesillo(モテ・コン・ウェシーヨ)を筆頭に、今回はチリの飲み物をいくつか紹介したいと思います。 […]

返信を残す

メールアドレスは公開されません。