南米料理図鑑 第一巻 ”コロンビアのArepa(アレパ)とPandebono(パンデボノ)

0

アレパとは、伝統的にトウモロコシをつぶし砕いたものか、トウモロコシの粉(コーンフラワー)を使って作ったパンですが、通常のパンとは触感も違い、これまたとても美味しいです。コロンビアではアレパは長い歴史がある原住民の伝統料理とみなされています。

通常アレパは薄く丸い形をしておりますがサイズや、材料の種類などはさまざまです。コロンビア(ベネズエラでも)ではアレパは毎日のように朝食か夕方のおやつとして食されます。トッピングは、バター、チーズ、スクランブルエッグ、コンデンスミルク、コロンビアのチョリゾーなどです。特に、チーズがあらかじめ生地の中に練りこまれて作られているアレパはグリルかフライされて食べますが、これが最高に美味ですよ。

コロンビア東のBogotá、CaliやMedellínなどでは、伝統的にアレパとホットココアを朝食に食べます。なんだか優雅で良いですよね~。

もうひとつ紹介したいコロンビアのパンがPan de bono(パンデボノ)またはPan de queso(パンデケソ)とも呼ばれるものです。

Food 2016.06.23 Pandebono

これも、トウモロコシの粉(コーンフラワー)が使われているパンですが、これにはカサバ(タピオカ)フラワーや、卵やチーズも入っています。

弾力があり、とってもモチモチしていて美味しいんです!日本でも見かけるモチモチチーズパンと少し似ていますが、パンデボノの方がもっと弾力がある感じです。

もしこれらのコロンビアパンを試してみたい方にお勧めなのが、Manuel Monttにあるコロンビアのカフェ「Club Colombia」

Food 2016.06.23cafe 1

ここのアレパとパンデボノは超絶品な上、ここで飲めるコロンビアコーヒーはかなりお勧めです。

Food 2016.06.23 cafe 3

コーヒーの味をしっかり味わいたい方はぜひAmericanoを注文して下さい。マグカップにエスプレッソが入って、お湯が別に来るので自分の好みの味に調節することが出来ます。もちろんカプチーノなども美味です。

Food 2016.06.23 cafe 2

ちゃんとソーダ水が一緒に出てくるのもコーヒーへのこだわりを感じられます。スタッフの皆さんもフレンドリーで良い人達ですよ~~。

コメントを残す