サンティアゴ近辺、癒される7つの場所 !

0

自然の中でゆったり、スモッグや、騒音、街とは違った場所を求めてチリ国内をめぐるのはとても良い選択肢です。スポーツやアウトドアを楽しむため、友達や家族、パートナーとゆったりとした時を過ごすため。首都サンティアゴから近場のおすすめスポット7か所を紹介します。

なりたい自分

No 1. エンバルセ・エル・ジェソ

サンティアゴから約73kmのカホン・デル・マイポに位置しロマンチックな夜を過ごすためにおすすめです。トルコ色の水と年の大半は雪をかぶっている山脈のコントラスト、夜には満天の星空、幻想的な場所です。1964年にオープンし、ジェソ川の水からなるメトロポリタンの主要水源地です。 1

宿泊施設:無し。キャンプ可能。

料金:無料

時間:制限無し

道が激しく、四駆で訪れることをお勧めします。冬にはたくさん雪が降ります。同じ道を進むとサンホセ火山源泉のプロモ温泉にたどり着きます。

2

No. 2 モヌメント・ナチュラル・エル・モラド

サンティアゴから約93km、バニョス・モラレル地域に位置しCONAFによって保護、経営されている、カホン・デル・マイポの魅力的な観光スポットです。自然豊かで豊富な動植物、トレッキング、乗馬、ロッククライミングなどが楽しめます。アンデス山脈の中度のトレッキングを行うのに最適な場所です。エル・モラド湖、サン・フランシスコ氷河、エル・コルガンテ氷河が見られます。標高5060mのエル・モラド山は登山に最適ですが完全な装備とテクニックが必要です。4320mのサン・フランシスコ山は氷のクライミングの場として知られています。

3

時間:10月〜4月 入場8時半、13時 退場18時

料金:大人2000ペソ

サン・ホセ・デ・マイポから給油場がないので、燃料を十分に持って行く必要があります。詳しい情報は、Conaf.com/ElMoradoで得られます。

4

No. 3 ポルティージョ

サンティアゴから約165kmに位置するスキー場で週末滞在するのに理想的な場所です。雪有り、無しでもその美しさに魅了されます。山脈に囲まれ「インカの湖」があります。冬はスキーがメインですが、夏場は「インカの湖」の周辺のトレッキングを楽しめる、アウトドアに適したパノラマです。

5

料金:9名の団体 85000ペソ

食事処:レストラン・ホテル・ポルティリョ 美味しい料理が評判です。湖と山脈を眺めながら食事が楽しめます。

宿泊施設:4箇所あります。グラン・ホテル・ポルティリョ、チャレット、インカ・ロッジ、オクタゴン・ロッジ。

65年以上の経験を誇るポルティリョは南アメリカで最も古いスキー場です。名前の意味は「狭い道」で、標高2850mあります。

6

No. 4 テルマス・バニョス・コリナ

テルマス(温泉)というとチリの南を想像するかもしれませんが、サンティアゴからたった104km、標高3500mの場所に源泉の温泉があります。アンデス山脈の麓(エル・ボルカン道の一番遠く)、カホン・デル・マイポに位置し、キャンプ場とレストランがあります。散策、乗馬、登山が楽しめます。

7

温泉の料金:大人8000ペソ

宿泊料金:ホステル、ペアで30000ペソ

10月〜4月初旬にこの場所を訪れることをお勧めします。更なる情報は、Termas de Colinaで得られます。

No. 5 ラグナ・エスメラスダ

サンティアゴから約1時間のメリピヤ区にある人口の湖で、釣りや遊泳ができます。ボートをレンタルしたり、ウィンドサーフィンの練習もできます。湖には3箇所の浜辺があり、ピクニック場やバーベキュー、バレーボール、サッカー、パドルが楽しめます。

8

宿泊:9月から5月の間はキャンプができます。一人6000ペソ又は5名60000ペソでコテージをレンタルすることができます。

詳しい情報はLaguna Esmeraldaで得られます。

No. 6 パルケ・イエルバ・ロカ(ファレヨネス方面)

yerba loca

サンティアゴから1時間弱、アンデス山脈に位置する、週末を過ごすのに最適な自然の聖地。カスカダ・デ・イエロやラ・パロマ氷河など、近辺のトレッキングを楽しめます。

宿泊:キャンプ場があります。

yerba loca1

時間:10月から3月 入場8時半から18時 退場20時

料金:大人一人あたり 2500ペソ

エステロ・チョリヨス・デル・プロモは高い硫酸鉛を含んでいるためPhが強い酸性に傾いている。そのため夏の期間は赤く染まり自然現象が起こり、「ポルクラ」と呼ばれている。

No. 7 レセルバ・ナショナル・リオ・クラリヨ

clarillo

ピルケ区に位置し、自然観察、ピクニックや3つのルート(センデロ・ケブラダ・ホルケタ、センデロ・アリウエン・マウイダ、センデロ・アルボレトゥン)でトレッキングが楽しめる。

clarillo1

料金:入場料3000ペソ

宿泊:近くに Camping Parque Alemán.がある。

午前10時頃から入場規制があるため早朝に到着するのをお勧めします。

 

 

 

観光情報、撮影コーディネート、逐次通訳、同時通訳、セミナー開催、司会等々に関するお問い合わせは、こちらまで:hello@nambeiconnect.com

南米コネクトの経験豊富なスタッフが対応致します。

Puerto Williams-Nambei Connect. Ltda.

 

 

引用: Los 7 destinos imperdibles cerca de Santiago – Fmdos

返信を残す

メールアドレスは公開されません。