学校選択に終止符:学校の枠を無作為に割り当てるための暗号数字は地震のマグニチュードで決定する

0

国内の学校選びに終止符を打つ法律が実施され始めた。これによって学校側は生徒の選出を抽選ではなく、特殊な作動方法のソフトウェアを使って行う。 10月に起きる地震がこの新たな入学資格システムのソフトウェアを作動される重要な役割を果たすことになる。

インクルージョン法が制定されてから一年が過ぎ、中心的な柱の一つが実施され始めた:試験または他の方法で行なわれている生徒の選出に終止符を打つー公立と国に助成されている私立の学校に限る。

最初に実施されるのはマガリャネス地方で、今週新たな入学資格システムの元生徒募集が始まった。入学枠より応募数が多い教育機関は無作為に枠が割り当てられる。枠を無作為に割り当てるための使用される2つのソフトウェア、アルファとベータはチリ大学のインダストリアル・エンジニアリングによってデザインされた。双方のソフトウェアは無作為に数字を選ぶ異なるシステムからなり、各教育機関はどちらかを選ばなければならない。

なりたい自分

このように、募集期間終了後、学校側は応募者全員のIDと両方のソフトウェアを受け取る。ソフトウェアを作動させるためには文部省から受け取る暗証番号のような「種」となる数字が必要になる。このシステムが全て「盲目」で学校も文部省も前もってその暗号数字を知ることが無いように、「種」となる暗号数字はその時期に国立地震センターのページに報告された地震のマグニチュードと同じ数字になると決定された。

マガリャネス地方での募集期間は9月23日まで延長される。ソフトウェアによる枠の割り当ては10月に始まる。その月の地震がこの新たなシステムの始動となり、その後全国に拡大、差別の終わりを約束し、チリの学校システムの統合を促進する。

 

引用: Fin de la selección escolar: Magnitud de temblor será clave para asignar “aleatoriamente” las vacantes de los colegios | Emol.com

Booking.com

コメントを残す