チリ、ラテンアメリカで最も格差のある国々内に入り続ける

0

9月22日の結果で、チリは格差の面でジンバブエより上位でエクアドルより下位であることわかった。しかし、ジニ係数によるとラテンアメリカは地球上最も貧しい地域ではない、最も格差のある地域のタイトルをアフリカ大陸と競っている。

なりたい自分

Casen統計2015の結果では、チリにおける収入の分配に改善が見られた。Casen統計によるチリの貧困についてのグラフ。

%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%95しかし、ジニ係数によると世界的に最も格差社会である国々の中に居続ける。ジニ係数は格差を図るために前世紀初頭に考えられた方法である。

この方法はある一定の国の収入の分配を計算する。0に近いほど分配が均一化している、そして1に近いほど格差が多きく一定の人に収入が傾いてる社会であることを示す。この両端の間にすべての国が位置し、どの部分に一番格差が目立つのかは詳細に現れない。

社会開発省のマルコス・バラザが提出した報告書によると、チリは2013年の0,504から2015年には0,495に移動した。Diario Financieroに比較の表が掲載されている。

ランキング上位はアゼルバイジャン、ウクライナ、スロベニア、ノルウェーとベラルーシである。チリは順位を2つ上がったが、最も格差のあるラテンアメリカの国々8カ国のうちにランクインする。

ジニ係数によるとアメリカ大陸の順位は写真の通りである。

chile_se_ubica_en_el_puesto_1398_en_ranking_de_igualdad_de_ingresos_-_diario_financiero

最も格差の少ない国々のトップは以下の通りである。

chile_se_ubica_en_el_puesto_138_en_ranking_de_igualdad_de_ingresos_-_diario_financiero

引用: Chile se encuentra entre los peores países en desigualdad – El Mostrador

Diario Financiera

Casen 2015

 

コメントを残す