チリモデル環境を荒廃、民主主義帰還後CO2排出量150%増量

0

 

9月20日、チリ大統領ミシェレ・バチェレッはパリ条約にサインをするためにニューヨークの国際連合支部に出向いた。それにより、チリは温室効果ガスのCO2排出量を2007年から記録されているデータを基に、2030年までに30%削減することを約束することになる。

1990年以降CO2排出量は150%まで増加しており、その年の9.095トンメートルから2013年には22.681に増え、国としては明るいニュースではない。この数値は米国のエネルギー部門に属するOak Ridge研究所が提出しているものである。

経済業界で排出量上位はエネルギー生産分野である。水力発電の操作により90年代前半には温暖化に最も影響がないと言われていたが、その後変わった。

Clappes UC のエコノミスト、ルイス・エドウィン・ゴンザレスによると、「アルゼンチンによる天然ガスの供給がストップしてから、早くて高価で汚染する代行としてエネルギー生産のためにディーゼルなどが挙げられた。2006年以降この業界の排出量は約10%増した。」。

チリ大学のグローバルチェンジセンターのエグゼクティブディレクター、ニコラス・バンバッチにとっては温室効果ガス排出量増加は国の経済成長と関係がある。「1990年から2006年の間、温室効果ガス排出量は70%増加している、国内総生産は倍以上になり、人口は約25%増加した。よって、温室効果ガス排出量は経済よりもゆっくりと増加する傾向にあった。」と断言する。

引用: Modelo chileno devastador con el medio ambiente: Emisiones de carbono aumentan 150% desde el retorno a la democracia – El Mostrador

You might also like More from author

コメントを残す