チリ公共機関、話し合いに決着つかず72時間のストライキ

0

大蔵省と労働省相手に賃金改定の話し合いが行われた先日月曜日、交渉は失敗に終わり、公共制度委員会は来る水曜日から72時間のストライキを呼びかけている。

労働組合(CUT)の提案は、3,2%の賃金改定、最低賃金を6%上昇、休暇ボーナス73500ペソ、700万ペソ以上の給与には75500ペソのボーナスである。しかし、政府はこの提案を了承するためには本会議の内容の合意を求め、それには至らなかった。

引用: Quiebre en mesa del sector público: dirigentes convocan a paro nacional de 72 horas

You might also like More from author

コメントを残す