チリ、トレス・デル・パイネ国立公園:キャンプに関する新ルール

2

新たな対策は旅行者に更に綿密な計画作成を強いることになる。パタゴニアのこの周辺を訪れる個人旅行者の数をコントロールするために10月15日から新たな規則が発効される。トレス・デル・パイネ国立公園でキャンプをしたい人は事前予約が必要になる。

なりたい自分

この国立公園を訪れる観光客の4割は夏期間の1月と2月に集中しており、その数は増加している。2012年の夏期間には52.007人、2016年には94.369人、倍近くになった。

どの場所の予約が必要になるのか?

全てのキャンプ場の予約が必要になり、それぞれConafと民間企業Vertice PatagoniaとFantastico Surのウェブサイトで予約をしなければならないが、近いうちに同システム内での管理ができるように準備が進められている。

torres_del_paine__conoce_los_detalles_de_las_nuevas_reglas_para_acampar___emol_com

滞在期間に制限はあるのか?

Conafの管理下となっている場所は、それぞれのキャンプ場で一泊だけの許可が得られる。その他民間のキャンプ場では日数制限はない。ConafとVertice Patagoniaのキャンプ場では900人がキャンプできる。

Conafのキャンプ場の予約には料金がかかるのか?

政府のキャンプ場は無料開放されている。ただし、国立公園の入場料は支払う必要がある。チリ人旅行者は3000ペソから6000ペソ。外国人観光客は21000ペソ。国立公園を訪れるための事前予約は必要ない。ほかの民間のキャンプ場の料金は6000ペソから69000ペソまでの幅があり、時期と場所によって値段が異なる。

予約に必要な条件はあるのか?

予約には、身分証明書に記入されている名前とe-mailアドレスが必要になる。単身または2人での予約は可能だがグループでの登録はできない。WコースとMacizo Paineコースで提示するための予約登録証明のコピーを持参しなければならない。

予約はできるだけ早めに行うことをConafは勧めている。

区間とコースの変更。

コースOとW内のいくつかの区間とコース方向を変更したとConafは通知した。Paso区間からOコースへの侵入が禁じられる。理由はCoiron区間が一方通行となり、Oコースの出口としてだけ使用できるようになったからである。しかも、 Las Carretas-PaineGrande 区間はPaine- Administración方向のみに使用でき、Wコースの出口となる。同様に、 Laguna Amarga-Serón 区間はこの期間だけ封鎖されている。キャンプ場は天候によって来年の4月30日まで開いている。

 

 

観光情報、撮影コーディネート、逐次通訳、同時通訳、セミナー開催、司会等々に関するお問い合わせは、こちらまで:hello@nambeiconnect.com

南米コネクトの経験豊富なスタッフが対応致します。

Puerto Williams-Nambei Connect. Ltda.

 

 

引用: http://www.emol.com/noticias/Economia/2016/10/14/826392/Torres-del-Paine-Los-detalles-de-las-nuevas-reglas-para-acampar-de-la-Conaf.html

   Torres del Paine: Conoce los detalles de las nuevas reglas para acampar | Emol.com

2コメント
  1. […] NANBEI NEWS キャンプに関する新ルール […]

  2. […] キャンプサイトに関する新ルールについてはNANBEI NEWSサイトの記事ニテ。 […]

返信を残す

メールアドレスは公開されません。