チリ、バルパライソのコンコン砂丘でサンドボード

0

コンコン砂丘(Las dunas de Concón)と市民から呼ばれている砂丘は、バルパライソ地方のビニャ・デル・マルとコンコンの間に広がっており、正式名はカンポ・ドゥナル・デ・ラ・プンタ・デ・コンコンです。

なりたい自分

img_8430

上まで登ると反対側には大西洋が広がり、バルパライソの街が遠くに眺められます。現在もっともこの辺りで開発が進んでいる場所であり、海を眺められる絶景の取り合いに不動産会社が競っています。高層マンションがニョキニョキと建設され、市民に親しまれている砂丘の存続も危うくなっています。

 

img_8381

砂鉄を多く含む粒子の細かな砂が特徴的で、サンドボードを楽しめます(1時間1000ペソ)。初めてサンドボードを行なった6歳の息子は砂だらけになりながら上手に乗りこなし、1時間を短く感じたようです。近くでパラグライダーを行うこともできます。砂丘の目の前には商業施設が並び、駐車場も沢山あります。ボードが勢いよく道路に飛び出さないように注意する必要はあります。

 

img_8403

 

頂上まで登るのは少し大変ですが、4歳の息子も楽しみながら上がったり下がったりしていました。訪れた人々がゴミを放置していくのは残念ですが、上から眺める夕暮れと絶景は言葉にできません。これから、アウトドアが楽しみやすい気候になります。是非、コンコン砂丘を訪れて見てください。

 

img_8420

引用: Dunas de Concón – Wikiwand

コメントを残す