南米情報を日本語でお届けいたします

メトロ・サンティアゴ来年から42%のエネルギーが太陽電池

0

 

2017年よりメトロ・サンティアゴはエネルギー使用量の42%をソーラーエネルギーで補う。プロジェクトには2.5億ドルが投資された。

「ペリカノ」と名付けられたプロジェクトはコキンボ地方のラ・イゲラの国の所有地186ヘクタールに配置され、SunPower社によって運営される。

「メトロはクリーンな移動手段、我々は持続性のある会社を目指す。今回の件は大きな飛躍であり2018年には60%を従来のエネルギーではないエネルギーで運行したい。これが可能となった場合、この数値のソーラーエネルギーで運行する世界初の地下鉄となる。」

「このようなエネルギー源を求めるクライアントが現れた場合、新たなプロジェクトの設置の増加を可能にする。」

「ペリカノプロジェクトは100メガワットを必要とし、254000枚のソーラーパネルを使用、年間1時間単位300ギガワットを供給、チリの125000軒の消費に値する。」

光電池公園の建設が始まっている場所での演説で政府秘書官は、

「我々が地球の運命を変える可能性を持つ最後のジェネレーションであり、このような方法を取り入れなければ、とても困難な状況に陥る。そのため、バチェレ大統領はエネルギーカレンダー2050を承認した。」

と演説した。

 

引用: Metro abastecerá el 42% de su red con energía solar a partir del próximo año | Emol.com

コメントを残す