コロンビア、飛行機墜落事故前の音声のやりとりが発表される

0

 

チャペコエンセチームとスポーツ記者を乗せた状態で墜落したLaMia航空、同じ時刻に着陸体制で近くを飛行していたAvianca航空のフアン・セバスチャン・ウペギ副操縦士による事故の説明が発表された。

音声には航空管制官が同時に4機と連絡を取る様子が録音されている。Avianca de Upegui航空、Lan Colombia航空、 Viva Colombia 航空と墜落したLaMia航空と着陸滑走路のコーディネートを行っている。

LaMia航空の機長が不具合を報告する前に、Viva Colombia航空が「燃料漏れのため」着陸順位優先を申請したため、 航空管制官がそのコーディネートを行っていた。その途中、LaMia航空の機長が「燃料の不具合」を報告し、繰り返し着陸順位の優先願いを繰り返し申請した。

緊急事態だと報告を受けなかったため、航空管制官はViva Colombia航空に優先順位が有る事をLaMia航空に通知し、数分間待つようし指示を行なった。

LaMia航空の機長は「接近のためのベクター」を繰り返すも、管制官は既に着陸体制にある機体が存在するため、申し出を断った。しかもViva Colombia航空の燃料漏れによる滑走路の点検が行われている最中であった。

その時、LaMia航空は「燃料による緊急事態」を申告した。 それによってLaMia航空に優先順位を与えるためのコーディネートを管制官が4機と行い始める様子が録音音声に残っている。航空管制官はチャペコエンチームを乗せているLaMia航空が着陸体制に入れるために、Avianca航空に左に方向転換するよう申請した。

しかしLaMia航空の機長は、操作が出来ず機体が下降を初めていると連絡した。

管制官が3機とのやりとりに様々な手を尽くす数分間の間、LaMia航空の機長は機体が「全体的な電気の不具合状態である事」を示し、動揺しながら「ベクター、滑走にベクターを!」と繰り返した。

管制官は消防車がスタンバイし警戒状態にある事を伝え、飛行機の場所と高度を質問した、レーダーに姿は現れず、答えはなかった。

 

コロンビア民間航空の発言

コロンビア民間航空のディレクターAlfredo BocanegraはLaMia航空の機長がはっきりと緊急事態を報告しなかった点に疑問を抱くとラジオで発言した。何故ならば、機長は経済的な結果に立ち向かいたくなかったからだとBocanegraは推測する。

「後で立ち向かわなければならない個人的な問題のために、緊急事態を報告しなかったと考えるのはとても痛々しい。」

機長のQuirogaはLaMia航空の主要投資家の一人であり、後々の会社への経済制裁、自身のライセンスの中止や訴えを回避するために報告を避けたと考えられる。

「航空業界では専門用語の使用は的確である必要があり、「優先申請」と「緊急事態」では重さが異なる。」

「燃料不足の状態に有りながら、なぜ緊急事態を申請しなかったのか理解しがたい。同時性が生じた際には、他の空港を探すように指示を行うが、緊急事態が報告されていればLaMia航空がすぐに着陸していた。」と付け加えた。

同様に、飛行機は十分な燃料を所持しなければならない。必要量の10%以上、そのほかに代替の空港に行かなけらばならない時のための更に10%。それを保持していなかったと思われる。

悲劇の原因を解明するために、ボリビア、ブラジル、コロンビア間で3カ国間委員会が設立される。

引用: Revelan dramático audio de la última comunicación de la torre de control con el avión de LaMia | Emol.com

You might also like More from author

コメントを残す