南米情報を日本語でお届けいたします

ボリビア、ウユニで清掃活動する日本人ボランティア達

0

ボリビアウユニ塩湖の圧倒的な景色に驚愕するだけに終わらず、他の観光客に示すため清掃活動を実行した日本人ボランティア団体がいます。

最初の活動として、12月最後の日に30名のボランティアが「汽車の墓場 (Cementerio de Trenes)」を清掃しました。この場所はウユニのツアーで最も観光客が訪れる場所の一つです。

壮大な景観のウユニ塩湖ですが、最も重大な問題の一つは環境汚染と魅力を減少させ悪化させる多くのプラスチッック製品の存在です。

 

 

影響を減少させるために、後2つの活動の展開が予定されています。ドライトイレの設置とゴミの適切な処理に関する働きかけです。

南アメリカで活動を展開する日本のNGOに勤務する環境工学者のミヤザキ・ダイスケ氏によると、このプロジェクトはウユニ市の行政と観光代理店との連携によって勧められます。

「ウユニ塩湖は悪質な旅行者によって悪化し、糞で覆われゴミ箱に変わっていく」

2014年のW杯の時も日本人サポーターの清掃する様子が話題となりました。

引用: Grupo de voluntarios limpia el Salar de Uyuni

コメントを残す