2030年の先進国の男女平均寿命の予測、チリ人女性は男性より6年長生きすると評価

0

 

なりたい自分

イギリスの医療雑誌The Lancetに掲載された調査によると、この先13年間も女性が長生きの先を行くという結果が出ました。

2030年のチリ人女性は男性より6年長生きし、2017年現在の女性の平均寿命82,9歳、男性76,7歳を上回り、女性86,8歳、男性80,7歳になる予想です。

一番の長寿国は韓国で、2030年の予想は女性90歳以上、男性84,1歳。つい最近まで、専門家は平均寿命の予測が90歳を超えることはないと考えていました。

しかし21の数学モデルを組み合わせて35カ国の平均寿命を計算した結果、2030年に韓国女性の平均寿命が90歳を超える可能性が見えてきました。

フランス女性が88,6歳、日本女性が88,4歳、スペイン女性が88,07歳。女性と同じように男性の平均寿命も延長します。男性で一番長生きするのは、韓国の84,1歳、オーストラリアとスイスとスイスが84歳、スペインが83,4歳です。

何故、韓国の平均寿命が延びるのか?

調査人によると、その理由は、アジアの国の医療アクセスが改善され、若者と子供への健康食の推進が行われていること、調査対象となった他の国より女性の喫煙率と肥満指数が低いことが挙げられます。

米国とメキシコは最小限の改善

米国の平均寿命の伸び率は他の先進国よりもすでに低く、2030年には女性83,3歳、男性79,5歳が予想されます。その原因は、生活格差、医療システム不足、母親と小児死亡率、殺人と肥満が考えられます。メキシコも米国同様に余り改善されず、女性82,9歳、男性76,1歳が予想されます。

 

引用: Estiman que para 2030 las mujeres vivirán seis años más que los hombres en Chile | Emol.com

コメントを残す