注意!火災から逃れ、住処を失った野生動物が町や道路に出没

0

 

なりたい自分

今回の火災によって住処を失った野生動物が人間の居住地に頻繁に出没しています。特にZorro Chilla(主にチリ南部に住むキツネ)の姿が火災後多く目撃されています。

「今後さらに、多くの動物が町中や道路に出てくると考えられます。」とメトロポリタン公園の園長Mauricio Fabry は心配します。

現在多く確認されているの動物はキツネ類で、絶滅危惧種のZorro Chilote(ダーウィンぎつね)も含まれます。

その他には、絶滅危惧種で草食動物のPudu(プドゥ)、

小さな哺乳類では、Quique(キケ)、

有袋類のMonito del Monte(チロエオポッサム)と、

LLaca(リャカ)、

同じように絶滅危惧種の山猫Colocolo(コロコロ)やGuiña(グイニャ)などです。

このような野生動物を目撃した場合は、火事によって火傷や怪我をしてる場合が多いので直ちにSAG 6008181724に電話してください。近づいて、びっくりさせないように注意してください。

火災によって一番多く死んだのはトカゲなどの爬虫類です。中には、特定の場所にした住んでいない種類もあり特別に心配されています。例えば、トカゲの種類Lagartija de Lololの生息地は2箇所の山で、そのうち1つは山が全焼し、20組を助け出しました。

Halcon Chileno(チリのハヤブサ)の生息地も被害にあっており、飛んで逃げることはできたとしても何百年にも渡ってその地で繁殖してきた彼らの今後の住処が心配されています。

 

 

引用:

Estos animales se comenzarán a ver en las zonas urbanas a causa de los incendios forestales | Emol.com

Pudu

zorro chilote

quique

colocolo

monito del monte

Llaca

halcon chileno

lagartija de lolol

返信を残す

メールアドレスは公開されません。