13年が経過、チリの海軍がハイチから撤退

0

 

なりたい自分

今年の4月から5月の間、13年ぶりにチリ海軍のハイチ撤退が開始します。ハイチに置ける治安正常化の国連プロジェクト(MINUSTAH)の枠組みとして、チリ海軍はカリブの島に派遣されていました。

ラテンアメリカで一番貧しいとされるハイチは、政治危機によって内戦の危険性、コレラとその他熱帯地域特有の感染症の蔓延、地震とハリケーンによる壊滅的被害、といった状況を生きてきました。

チリ海軍は2004年当時のJean Bertrade-Aristide大統領失脚後に現地に到着しました。

「13年前は、道を歩くこともできないくらい危険でした。現在は、武装団体は無くなり、政治体制が強化されています。」

「病院が建設され、保育園の名付け親にもなりました。我々が撤退する姿は市民には感慨深いと思います。」

と、David Hardy 海軍少佐はコメントを寄せました。

 

引用: Luego de 13 años, la Armada retirará a sus efectivos de Haití – El Mostrador

返信を残す

メールアドレスは公開されません。