Banco de Chile 銀行のシステムエラーよるトラブル被害

0

月末の給与振り込みを確認する多くの人々にショッキングなサプライズが起きています。振り込まれたはずの給与額が表示されず残高がゼロになっていたり、ウェブに入れないトラブルが続出しています。

なりたい自分

振り込みの手続きや小切手の発行が出きず、コールセンターにも繋がらない。利用者の一人で被害にあっているMarcelo Rojasは口座を調べると残高がゼロになっており、自分の担当の銀行員(チリでは、ejecutivoと呼ばれる銀行員が顧客を担当してアテンドします。銀行員の対応に不服がある場合には、担当を変わってもらえます。)にすぐさま連絡を入れました。

担当の銀行員によると、この数時間で同じようなクレームが数多く入っており、多くの人の口座残高がゼロになった上、どのような操作も行えないという状況が多発しています。

PDIの経済犯罪部署のCristian Alarconは、13:45分の時点で上記の状況に関する訴えは出ていないと述べます。しかし今回のような事態が起きた場合や、第三者が口座に侵入した疑いがある時には、すぐに本人担当の銀行員に連絡を入れ内部調査によって解決方法を見出すように助言しました。

Sernacの地方ディレクターPaola Ahumadaの話によると、15:00時頃、今回のケースに対する多くの苦情が寄せられ現在Banco de Chileにこういったケースの前例と今回の問題の原因について確認を取っています。

システムの復旧と回復時間に関する問い合わせは、Banco de Chileのコールセンター(600 637 37 37) で行うように説明しました。

「今回の不具合が、システムエラーが原因であって、ハッキング等の犯罪によるものではないように銀行に確かめていますが、15:15分の時点で銀行から返事はまだありません。」

引用: Banco de Chile presenta falla masiva de sistema – Mi Radio

コメントを残す