ボリビア政府、チリ政府によってボリビアの軍人が誘拐されたと主張

0

 

20日月曜日、ボリビア政府は、密輸が疑われるトラックを調査していたボリビアの軍人2名と税関職員7名がボリビア国内でチリ警察によって「誘拐された」と告発し、速やかに解放するように要求しました。

ボリビアの大統領エボ・モラレスは、

「同じボリビアの兄弟たちが、チリ警察によって誘拐され不正に人質にされています。迅速な釈放を要求します。チリはボリビアに攻撃的であり、我々のLa Hayaに対する反駁に打撃を受け神経質になっています。」

と、自身のツィッターのアカウントに投稿しました。

副大統領アルバロ・ガルシア・リネラは、

「12日の午後1時、新たにボリビアはチリ政府メンバーによる攻撃を受け、ボリビア国内から9名のボリビア人が連れ去られました。」

とコメントしています。

ボリビアの軍人2名と税関職員7名は密輸商品らしき物を運搬していたチリのトラック3台を検査していましたが、そのうち2台に逃げられ、3台目を調査するために検査場に誘導する際、国境を越えチリ側に入国しており、そのためColchaneで逮捕に至ったとボリビア政府は主張します。

「国境を越えボリビア側にいた密輸業者をチリ政府は守ったのです。初めての出来事ではありません。」と避難しています。

チリ側の見解は、ボリビア側と対照的であり、タラパカ地方の検察は、逮捕されたボリビア側の関係者はチリ国土内でトラックを押収しようとしていた場面を抑えられ、身柄を拘束されているというものです。

 

引用: Gobierno boliviano acusa a Chile de “secuestrar” a militares en la frontera | Emol.com

You might also like More from author

コメントを残す