南米情報を日本語でお届けいたします

Kintaro、チリ-サンティアゴの日本食レストランが閉店します

0

サンティアゴのベジャス・アルテスにお店を構える日本食レストランのKintaroが23年の時を経て、暖簾を下ろします。

レストランKintaroは、現在の日本食ブーム、寿司ブームに突入する前の1994年にオープンしました。閉店される理由は、オーナーのスズキさんとシェフのワタナベさんが店を閉め定年退職されるからです。

初めてチリ南部を訪れた際、森、浜辺、川、火山、温泉に魅了され、日本の田舎をイメージされたそうです。お店を閉めた後は、Carretera Austral、トレス・デル・パイネ、サン・ペドロ・デ・アタカマを訪れる予定だと話します。

レストランKintaro最終日は3月31日です。ソーシャルメディアには、閉店を惜しむ声が届いています。

 

引用:La segunda

コメントを残す