Odecu、チリサーモンの高い抗生物質濃縮に警鐘

0

 

チリの大きな産業の一つである、サーモン養殖。調査によって、養殖のサーモンへの多量の抗生物質投与が明らかになっています。国立消費者センター(Organización Nacional de Consumidores y Usuarios de Chile (Odecu))、Ecocéanos、Medio AmbienteクリニックとDerecho de la Universidad de Yaleは調査結果を元に、消費者にチリサーモンの摂取を控えるように呼びかけています。

国内のサーモン養殖では、サーモン70万トン当たり546トンの抗生物質が使用されているとEcoceanosは確認しています。この化学薬品の利用量は、サーモン養殖業界ナンバーワンのノルウェーを超えており、このことに関してサーモン業界は黙認、行政は正常化しようとしていません。

今回の警鐘は、「メニューから抗生物質排除」国際キャンペーンの中で多量の抗生物質が使用されたサーモンを日常的に食することで人間に抗生物質に対する耐性が出来てしまい医療分野で問題になることを心配している団体によって行われました。

今回の件に関しての一番の問題点は、統制が取れていないことだとDerecho de la Universidad de YaleのMeredith Brownはコメントします。

 

引用: Odecu llama a no consumir salmón chileno por alta concentración de antibióticos – Nacional – 24horas

You might also like More from author

コメントを残す