南米情報を日本語でお届けいたします

5月1日、勤労感謝の日 

0

来週の月曜日、5月1日は勤労感謝の日で祝日です。チリでは、義務祝日となりスーパーマーケットやショッピングセンター、大型店には休業義務が課せられます。

国内商工会議所(Cámara Nacional de Comercio (CNC))の理事長Ricardo Mewesは義務祝日の1日に向けて、商業施設の所有者に呼びかけを行いました。

「勤労感謝の日である1日は、家族と休暇を楽しみ、日頃の勤労と労力に感謝する日です。罰金や刑罰を回避するためにも規則を守ることを重ねてお願いします。」

義務祝日の期間、営業が認められるのは所有者が接客する商店、クラブ、レストラン、映画館や演劇などのレジャー施設、ディスコ、カジノ等許可を得ている場所です。その他には、緊急時の薬局、ガソリンスタンドも含まれます。

勤労感謝の日の休日は、前日30日日曜日の夜9時から翌日2日の午前6時までとなっています。

この休暇時間はセキュリティー関連業務と先延ばすことのできないメンテナンス業務の従事者には当てはまりません。またシフト制で、4月30日の夜9時から12時、5月2日の0時から朝6時に当てはまる人も対象となりません。

 

罰金

以上のことに違法した場合は、

50人以下の企業:5UTM(5月のUTMの計算で233.235万チリペソ/影響を受けた従業員一人当たり)

50人から199人の企業:10UTM(5月のUTMの計算で466.470万チリペソ/影響を受けた従業員一人当たり)

200人以上の企業:20UTM(5月のUTMの計算で932.940万チリペソ/影響を受けた従業員一人当たり)

 

引用: Recuerda: El 1 de mayo es feriado irrenunciable – Cooperativa.cl

コメントを残す