チリ・ワイナリー、ロゼワイン世界コンクールで初の金賞を獲得

0

 

なりたい自分

世界中から集まった1300種類のロゼワインと35カ国からなる60名の審査員の中、ロゼワインの世界コンクールLe Mondial du Rosé (El Mundial del Rosé) がフランスのカンヌで開催されました。

もっとも多くの賞を受賞したのは、フランス、イタリア、スペインの3カ国で、チリのViña La RosaのLa Palma Rosé 2016 Cabernet-Sauvignon、 Merlot、Syrah 2016がロゼワイン部門でチリ初の金賞を受賞しました。

今回が14回目となるこのコンクールはプロヴァンス地方で開催され、最高品質のロゼワインを生み出す世界有数の場所であり、フランスにおけるロゼワインの知名度と消費量は白ワインを超えます。

「このような大会での受賞は買い手、売り手と消費者への品質の保証であり、商品に本物の付加価値を与えます。」と、チリを代表して大会に出席したチリ人ソムリエPablo Ugarteはコメントを寄せました。

 

 

引用: Por primera vez una viña chilena gana medalla de oro en el Mundial del Rosé de Francia | Emol.com

コメントを残す