チリ、3箇所の大ブドウ園が中国1のワイン醸造グループの傘下に

0

中国で最も大規模なワイン醸造会社が、チリのブドウ農園3箇所を取得する契約を結びました。アジアの大企業Yantai Changyu Pioneer WineとチリのBethiaグループの契約は、6月末に中国側の承認を得てから確定します。

最大規模で最も歴史ある中国のワイン醸造会社Yantai Changyu Pioneer WineとチリのBethiaグループはViñas Indómita、Santa Alicia と Dos Andesの3箇所のブドウ園の売買の署名に至りました。

チリ側の企業代表者によると、中国側の承認を得てから6月末に契約が成立する予定です。

これらのブドウ農園の購入によって、中国、フランス、イタリアとニュージーランドに進出している中国企業Yantai Changyu Pioneer Wineはラテンアメリカ市場での存在感をチリから発展させていく戦略です。

Wilfred Leighが陣を取る経営チームはこのままの状態を保ち、ワイナリーの一部を構成し、中国企業の元でアジアでの存在感を発揮したいと思っています。

BethiaグループはViña Indómitaの購入で2006年に業界に進出しました。当時Viña Indómitaは年間7万箱を販売していましたが、2016年の終わりには同グループは150万箱の売り上げを達成し、国内で7番目に位置しました。

 

引用: Grupo vitivinícola más grande de China firma acuerdo para adquirir tres viñas en Chile | Emol.com

You might also like More from author

コメントを残す