チリ:サンティアゴ、10日月曜日、空気汚染のため市が事前緊急警戒を発令

0

 

7月10日月曜日、風通しの悪さに伴い、サンティアゴ市は環境に関する事前緊急警戒を発令しました。

乗用車のナンバー規制も発表されています。

緑マークの乗用車でナンバーが5と6で終了するもの、非触媒車でナンバープレートが5、6、7、8、9、又は0で終了するものが対象となっており、午前7時半から午後9時までの間はサンティアゴ地区、プエンテアルト地区とサンベルナルド地区内では通行できません。

同様に、「環境軸」が発動し、その区間では午前7時半から午前10時、午後5時から午後9時までの間、公共の乗り物だけが通行できます。

 

環境軸

ビクニャ・マケナ:バロン・ピエレ・デ・クベルティンとアラメダの区間

チャカブコ:エラスモ・エスカラとアラメダの区間

マトゥカナ:エラスモ・エスカラとサン・パブロの区間

ロス・レオネス:スクレとプロビデンシアの区間(午前ピーク時)

ロス・レオネス:ロタとスクレの区間(午後のピーク時)

サン・ディエゴ:アベニダ・マタとタラパカの区間

ナタニエル Cox:タラパカとアベニダ・マタの区間

 

この他にも、対象となる地区内での農業の焼畑、薪を利用する暖房器具の利用を禁止しています。教育施設での屋外活動や外気での運動を行わないように呼びかけています。

 

 

引用: Intendencia Metropolitana decreta preermergencia ambiental para este lunes | Emol.com

You might also like More from author

コメントを残す