ボリビア:国内消費の食糧95%を生産

0

 

農村開発と国土交通大臣のCésar Cocaricoは、ボリビアは自給率が高く輸入はわずか4%であり、食糧に関する安全と主権が保証されていると確言しました。

ボリビアで消費される食糧の95%は国内生産で、2017年の食糧生産は1800万トンになる見込みです。2006年から灌漑されているボリビアの土地は226.000から416.000ヘクタールに増加しました。

2006年から2016年の食糧生産は実質的に700万トンから1470万トンに増加し、これは政府が過去11年間に渡って生産部門に講じた施策によるものだと強調しました。

 

 

「ボリビアは他の国々同様に細かい欠点を持っている国ですが、一般的には自給自足できています。11年間でジャガイモの生産は8.016トンから100万トンに増加し、玉ねぎは5万トンから8万トン、トマトは4万3千トンから6万1千トンになりました。」

8月2日は農業革命、生産とコミュニティーの日がチュキサカ州のタラブコ自治体で祝されます。そこで、農業生産サポートにより11年間で923.000トン増加したことや、認定種子について発表されます。

 

 

情報源: Bolivia produce el 95 por ciento de sus alimentos | Noticias | teleSUR 

画像

You might also like More from author

コメントを残す