南米情報を日本語でお届けいたします

ブラジル:今年も「 Miss Bumbum(ミス美尻) 2017」を開催

0

 

女性を物として扱う男尊女卑の文化として一部から強い批判を受ける「Miss Bumbum (ミス美尻)2017」が今年も開催されます。

お尻を信仰する国として知られるブラジル、サンパウロの路上で候補者達が自慢のお尻を披露し、大騒ぎになりました。

昨年は、フォトセッションで小さな水着を着用した参加者達による最後の晩餐の再現が非難されました。

27人の候補者達から予選突破する15名の選出投票が今週始まっています。この大会は、毎年ブラジルの最も良いお尻を選ぶことを趣旨としており、国内外から注目を集めています。

 

 

優勝を熱望する候補者達の中で、元彼に車でひかれ左脚を切断したRubia Machadoと初の米国人参加者PlayboyモデルのJeni Summersの存在が目立っています。Rubia Machadoは他の参加者と同様の条件で参加しています。

国際メディアの情報によると、今年の大会はそれ以前よりも「上品」であるようにヒップのサイズが107cm以上の女性の参加は不可能となっています。

この大会の創立者Cacau Oliverは、「新たな客層を獲得する必要がある。」とコメントを寄せました。

 

 

お気に入りの候補者への投票は、ウェブページ Concurso Miss Bumbum Brasil で世界中のどこからでも行えます。昨年は1700万人が投票に参加しました。

昨年の優勝者Erika Canelaは、この大会が始まって7年目にして初めての黒人女性です。その日は、米国のドナルド・トランプ大統領が勝利した日であり、Canela は記念に同大統領の顔のタトゥーを背中に入れました。

 

 

情報源: Pese a críticas por “mujer-objeto”, Miss Bumbum realiza su versión 2017 causando revuelo en las calles de Brasil | Emol.com

コメントを残す