南米情報を日本語でお届けいたします

アルゼンチン・日本ペア:タンゴ世界選手権ステージ部門で優勝

0

 

ブエノス・アイレスで開催された「タンゴ世界選手権」のステージ部門でアルゼンチンダンサーと日系人ダンサー(日本の記事では日系人、スペイン語の記事では日本人と記載されています。)のペアが優勝に輝きました。

受賞者は、技術的な妙技と振り付け展開を兼ね備えた「2×4」のリズムを課せられました。独特な組み合わせのペアは、もっとも有名なタンゴの一つである「La Cumparsita」で際立った存在となりました。

女性ダンサーのAgostina Tarchiniはサンティアゴ・デ・エステロ出身で、男性ダンサーのAxel Arakakiは日本生まれで、現在も生活の拠点は日本であり、アルゼンチンには1年間住んだことがあります。

「出会いは10ヶ月前の日本です。私は一人で仕事に行っていました。ちょうど彼はアルゼンチンの世界選手権参加後にパートナー無しで日本に帰国し、彼が仕事をしているミロンガで彼の歓迎会のためのタンゴを即興できるかお願いされました。」

その時の踊りをきっかけに、TarchiniとArakakiはパートナーを組み、離れず一緒に踊ってきました。

「私たちはとても独特な組み合わせです。」アルゼンチン・日本ペアは優勝を手にした事に驚きを隠せません。「沢山の努力と練習を重ねて望んだコンクールでした。」

Arakakiダンサーにとって、タンゴは「とても素敵で感動的」だと言います。そしてTarchiniダンサーとは、「芸術的に結婚している」とコメントしました。

この大会の準優勝は、イタリアのSimone FacchiniとGioia Abballeペアで、観客の特別賞も受賞しました。3位はコロンビアのValentín Arias DelgadoとDiana Paola Francoペアでした。

観せる振り付けであるステージ部門の優勝ペアには、賞金60.000ペソと日本での公演契約、パリへのチケットが授与されました。

 

 

 

情報源: Una argentina y un japonés fueron la pareja campeona del Mundial de Tango en la categoría escenario – TN.com.ar

コメントを残す