南米情報を日本語でお届けいたします

チリ・日本:アルマ展望台で新たなブラックホールが日本人研究者によって発見される!

0

 

銀河系の中心に位置する毒ガス雲の中から、太陽よりも10万倍大きいブラックホールが、新たに日本人天文学者達によってチリ北部のアルマ展望台で発見されました。

天文学、宇宙物理学、惑星科学の最先端の論文や解説を掲載するジャーナルNature Astronomyに載せられた内容が確定すれば、「いて座A(Sagitario A)」に続く大きさのブラックホールの発見となります。

銀河中心から200光年に位置する幅150億キロメートルの楕円雲の分子が、巨大な重力によって引き寄せられているのを観測し、コンピュータモデルによると、直径が14億キロメートル以下のブラックホールがそのもっとも近い原因だと分かりました。

ガス雲の中心部にブラックホールがあるという研究者の疑問が、観測時、ブラックホールを示す電波を雲の中心から捕捉した際の衝動に繋がったと慶應義塾大学のオカ・トモハル天文学者はコメントしました。

「天の川銀河の中間質量ブラックホール候補の最初の検出です。」

中間質量ブラックホールは、宇宙でもっとも巨大な物体の知識を持つ天文学者の溝を埋めます。この小さなブラックホールは特定の星の人生が終わった時の爆発で形成されます。研究者の計算では、天の川は約100の小さなブラックホールの集まりであり、そのうち約60くらいが検出されています。

しかし、天文学者は大型銀河系の中心に更に大きな超大型ブラックホールが存在することを知っています。それには天の川も含まれ、いて座Aの重さは4億太陽質量あります。どのようにしてこのような大型のブラックホールが形成されるのかは解明されていません。

小さなブラックホールが大きいブラックホールと繋がり、大型のブラックホールが作られるという仮説はありますが、今までそれを決定的に裏付ける中間質量のブラックホールが発見されていませんでした。10万太陽質量のブラックホールの検出は、天文学者が求めているプロセスへの真ん中のステップに繋がります。

オカ天文学者は、今回発見されたブラックホールは天の川が生まれる際に吸収された古い銀河系の核かもしれないと説明しました。時と共に、このブラックホールは「いて座A」に引き寄せられ、その中に沈み、天の川の更に大型ブラックホール誕生の役割を果たすと予測されます。

 

情報源: Un agujero negro masivo, descubierto cerca del centro de la Vía Láctea en el observatorio ALMA de Chile

コメントを残す