南米情報を日本語でお届けいたします

チリ:霧島の抹茶・煎茶、「本物の日本のお茶」

0

 

ユーロモニター・インターナショナル(Euromonitor Internacional)によるとチリ人の紅茶消費量はラテンアメリカトップで、年間一人約428カップを消費しています。そのため、私たちは、代わりとなる良い味と品質の商品を日々探し求めています。

そこで見つけたのが、人気の高い日本の「抹茶」です。健康的で、血糖値の調節、コレステロール値減少、抗酸化作用、カロリー消費、脂質吸収抑制などの効能を持ち合わせています。

 

霧島茶は、鹿児島から直輸入されている伝統的な煎茶と抹茶です。効能だけではなく、色々な飲み方を提供してくれます。

 

チリでは、抹茶といえば、濃い緑の粉で、「あったかい飲み物」をイメージしますが、霧島茶は暑い夏にすっきりとした「冷たい飲み物」としてのオプションを紹介してくれました。

熱めが好みの人は、茶筅を使って温かいお茶を、あまり熱くない方がよければ、急須など茶葉を濾すことができる入れ物でお茶を入れてお召し上がりいただけます。入れ物の形状よりも、最後の一滴まで濾して飲むことが大切です。


情報源: Matcha, El Verdadero Té de Japón | Revista Welldone

参考:こちらは依頼記事です。依頼記事のご連絡は、こちらまでご連絡ください。

コメントを残す