南米情報を日本語でお届けいたします

キューバ:ハリケーン「イルマ」による被害

0

キューバ政府は、民間防衛局の情報を元に、ハリケーン「イルマ」による死者は少なくても10名に上ると発表しました。今回のハリケーンによる被害は重大で、観光地も打撃を受けています。

亡くなった人々は、ラ・ハバナ、マタンサス、カマグエイとシエゴ・デ・アビラ州の住民で、死亡原因は崩壊した建物に関連しています。キューバ北部は広範囲に渡って浸水しました。

ラウル・カストロ大統領は、「壊滅的な被害をもたらせたハリケーンに対する、キューバ国民の不屈の精神と勝利」を呼びかけました。

「キューバ国民の統一を優先し、隣人との連帯、国民防衛隊の指針に対する規律」が、このような条件下では必要である事を伝え、ハリケーンによって、住居、電気エネルギー、農業といくつかの観光地が影響を受けたと発表しています。

 

 

観光地に関しては、夏のハイシーズン前の11月までには現状回復が行われます。

「苦労して気づきあげてきたものが、一瞬にしてハリケーンによって壊される状況を目撃するのは、キューバ国民にとって非常に辛い事であった。」

ハリケーン「イルマ」は、先週の金曜日と土曜日にかけて勢力4段階でキューバに接近し、沿岸部を浸水、170万人が避難しました。

 

 

情報源: Gobierno de Cuba confirma la muerte de 10 personas por paso del huracán Irma | Emol.com

コメントを残す