メキシコ:国際緊急援助隊・救助チーム、メキシコでの活動を終了し帰国する

0

9月25日、メキシコシティーでの救助活動を終了し、日本の国際緊急援助隊・救助チームは、26日早朝にメキシコを出発しました。

なりたい自分

チームは9月21日にメキシコに派遣され、現地で捜索・救助活動を行ってきました。メキシコ政府との協議を経て、現地時間9月25日に首都三ヶ所での活動を終了しました。

総勢72名の隊員は、終始メキシコ政府と市民から感謝の気持ちを示されました。今後も、日本は、今回の地震の被害状況を調査し続け、必要に応じて全体的な支援を行っていく事を明確にしました。

救助隊によって発見された19歳の若者の遺体発見時の黙祷する姿は、日本人の故人への尊重を表す行為として、多くのメキシコ人とメディアを通して話題となりました。

 

 

救助隊員達は、3便に別れて搭乗します。最初の便はAeromexico AM058で26日の早朝01:50分にターミナル2から出発します。2便目は、Aeromexico AM058メキシコシティー−成田便で9月27日の早朝01:50分にターミナル2から出発、3便目はAll Nippon Airways NH179メキシコシティー−成田便で、9月27日の02:20分にターミナル1から出発します。

今回の地震による、判明している死者数は325名、負傷者は1185名以上に上っています。

救助隊リーダー、カワサキ・トシヒデ氏のメッセージビデオはこちらです。

Palabras de agradecimiento y despedida por parte del Sr. Toshihide Kawasaki, líder del Equipo Japonés de Auxilio para Desastres (Equipo de Búsqueda y Rescate) quienes a partir de hoy inician su partida hacia Tokio. Más tarde compartiremos la información sobre los vuelos. (a las 19 h. del 25 de septiembre de 2017)

Posted by Embajada del Japon en Mexico on Monday, September 25, 2017

 

 

情報源: Rescatistas japoneses concluyen labores de apoyo en la Ciudad de México

返信を残す

メールアドレスは公開されません。