南米情報を日本語でお届けいたします

日本・日系:四世が安易な労働者として搾取される可能性についての懸念

0

法の改正によって、海外の日系四世が一定の条件下で日本で働くことが可能になります。そのことに関するスペイン語記事の翻訳です。

 

「日本の司法省は、日系子弟である四世の受け入れに向けて法整備を行なっています。四世の若者の受け入れ目的は、日本と母国の日系社会の繋がりの橋渡しとなることです。

しかし、日本の労働者不足を解消するために、安易な労働の担い手として利用される懸念があると朝日新聞に掲載されました。技術研修の一環として日本で働いているアジア人研修生と同様に搾取される可能性が指摘されています。

この日系四世プログラムの条件には、四世の18歳から30歳の若者で最高3年まで日本に在住できると記されています。ビザは毎年更新する必要があります。

年齢の他にも、一定の日本語レベル(会話、読み書き)が求められ、ビザ更新時にも評価されます。この日本語レベルに関しては批判が集まり、移住について詳しいスズキ・エリコ氏は「おかしい」と評価します。

「日本が日本人子弟である四世を『日本との繋がり』の元に受け入れるのであれば、日本語レベルを求めるのはおかしいです。四世は、二世・三世と同じように扱われなければなりません。」

現在のシステムでは、二世・三世は長期間日本で仕事または生活することが認められ、定住ビザやその他も発行されています。が、日本に滞在している四世の場合には、独身であること、20歳以下であること、三世である親と同居していることという条件が与えられています。

日本に定住しているブラジルとペルーの日系人を合わせると約222.000人に上ります。

日本政府は、四世受け入れプログラムを今年度中に導入する見通しを立て、年に数千人の四世が日本に入国することを期待しています。」

 

情報源: Temen que los yonsei puedan ser explotados en Japón

コメントを残す