南米情報を日本語でお届けいたします

ベネズエラ人2人、自転車で「世界の果て」に到着!

0

 

ベネズエラの若者2人が夢である「世界の果て」を目指すために、全てを放り出した旅に出ました。2人乗り自転車で周った総距離は21.000㎞、訪れた国は7カ国、19ヶ月間に渡る冒険でした。

「サイクル探検隊」として知られる男女Getsemaní Peina yとMarco Díazは、冒険を愛するカラカス出身者。2015年11月7日、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸を横断する夢を掲げて、自分達の脚の力を頼りに「エコな目的」に向かって旅立ちました。

 

 

旅の目標は、明確です。

「2人乗り自転車で、今回のような旅行を行う初のベネズエラ人となること。」

約2年間に渡って、自転車で訪れた国々は、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリとアルゼンチンです。今後の目標は、船で海を渡り、ヨーロッパ、アジアと北米をめぐることです。

ウシュアイアは、アルゼンチンの最後の港として知られ、世界の最南端、極地からわずか1500km.に位置しています。その地への到着を果たしました。

 

 

ベネズエラ人として初めて自転車で国々を横断した彼らは、宿泊情報や事故資金調達の経験を、他の人々と共有するために、自分達のYouTubeチャンネルとウェブサイトで配信を行なっています。

この活動は、冒険だけではなくクリーンな乗り物である自転車の使用を社会に自覚させ普及させる方法でもあります。

 

 

情報源: Dos venezolanos “lo dejan todo” para llegar al fin del mundo en bicicleta y ¡lo consiguen!

コメントを残す