笑いあり涙ありのチリ高校留学エピソード2

4

こんにちは!

学生生活の大半を占める授業。しかし、それだけだけでなく、休み時間や皆が楽しみな昼休みがありますよね。日本では、休み時間は次の授業の復習なんか真面目にやってた記憶もありますが、チリではどのように過ごしたのでしょうか?前回に引き続き、私の実体験に基づいたチリ高校留学おもしろエピソード紹介していきます。

それでは、どうぞ~

なりたい自分

 

休み時間の過ごし方

休み時間は綺麗なほど男女でやることが分かれていました。男子は休み時間のチャイムがなると校庭に走って出てサッカーを始め、女子はゆっくりおしゃべりをしながら校庭に出て木陰に座ってサッカー観戦をするのです。女子は気になっている他の学年の男の子の話などガールズトークで盛り上がっていました。また、休み時間には軽食を食べていいのですが、定番はヨーグルト。チリの文化の違いでよく指摘されることですが、チリではヨーグルトは飲みものとしてとらえられているのでスプーンは使わずに容器に口をあてて器用に飲んでいました。

 

レモン愛

お昼ご飯の時間で驚いたことは、レゲトン音楽がクラブのようにガンガンかかっているカフェテリアで食事をとるということでした。皆食べているものも非常に自由で、家から持ってきたお弁当をレンジで温めて食べてる人もいれば、学校で買ったサンドイッチをかじる人もいたり、サラダを食べている人もいれば、お菓子だけで済ませる人もいたり、本当に様々でした。その中でも、お昼の光景でよくあったのが、レモンをしゃぶっている子供たち。チリ人はレモンの酸っぱさを感じない特殊な舌をもっているのかと疑うほど、あの酸っぱいレモンをおいしそうに食べていました。酸っぱくないのかと聞いたら「塩をかけるから酸っぱくないよ」というので試してみたが、やはり酸っぱいのに変わりはなくすごい顔になりました。家から持ってきたサラダにはレモンがついてくることが多く、使い終わった人のレモンを集めてしゃぶるレモン星人もいました。恐るべしチリ人のレモン愛。

 

「連れション」ならぬ「連れ_ _ _」

お昼の後は決まってみんなで仲良くトイレに歯磨きにいきました。日本の高校では歯に矯正をつけている子だけ歯磨きをしにいっていたので20人ほどがトイレで一斉に歯を磨いている光景は結構面白かったです。その中でも歯磨き粉を忘れた子は持ってきている子に分けてもらい、歯ブラシさえも忘れた子は人差し指に歯磨き粉をつけて磨いてました(笑)食後の歯磨きは大事なので習慣になっていることはいいはことだなと思いました。お昼後は毎回「連れション」ならぬ「連れ歯磨き」という現象が起こっていました。

 

トイレットペーパー

学校のトイレにはトイレットペーパーをちぎって渡してくれるおばさんがいました。そうしないと生徒がトイレットペーパーを使いすぎてしまったりトイレットペーパーごと取られてしまうからだと言っていました。このおばちゃんがすごく優しくかわいがってもらっていたのですが、くれるトイレットペーパーの量が少なくて困っていました(汗)それでも仕方なく与えられた量で我慢していました。しかし、なんとこのおばさんが不在の時もよくあり、その時はトイレットペーパーが一日中ないこともしばしば。なので、「トイレットペーパーもってない?」と教室でいろんな人が聞き合うことに。そんな時に必ず重宝されたのがトイレットペーパー丸ごと1つリュックに入っている生徒。その子の周りには休み時間になると行列ができるほどでした(笑)この経験からか、トイレットペーパーを丸ごと一つ持ち歩くのが習慣となり、日本へ帰国した時にリュックから入れっぱなしにしていたトイレットペーパーが出てきて、「なんでこれはいっているの?」と家族に突っ込まれました(笑)

 

ちなみに日本に帰り、どのトイレに入ってもトイレットペーパーがある安心感にじわじわと感謝の気持ちが芽生えました。帰国後、このような小さな幸せが増えたような気がします。

 

それでは、また次回もお楽しみに~。

Booking.com
4 Comments
  1. Jiiii says

    私も今チリに高校留学中なので共感します(笑)
    チリの学校の自由度すごいですよね!そして毎年くる3ヵ月の夏休み!宿題もなく学校もない!これが毎年あるなんてチリの学生が羨ましいです!

    1. Rie Okawara says

      Jiiiiさん
      何とまさに今留学中なのですね!コメント頂き嬉しいです。確かに宿題や部活がない夏休みはうらやましいですよね!!Jiiiiさんも今のうちに思いっきり楽しんでください(笑)私の体験談は10年前の話なので、Jiiiiさんの最新おもしろ体験談も気になります~!

  2. micho says

    はじめまして。私はOKAWARAさんが生まれた頃にチリの高校に1年間交換留学していました。
    世代や滞在していた地域の違いなどもあるのか、「へ~、そんな事もあるのか~!」と思いながら読ませて頂きましたが、モスキート音を使ってカンニングとはなかなかやりますね。(笑)
    私が滞在していた頃は英語の授業がかなり簡単で(外国語は英語かフランス語の選択でした)、他の教科の時とは立場逆転し私が皆の手伝いをするという事もしばしばありましたが、OKAWARAさんが高校に留学されていた頃はどうでしたか?
    次回もお楽しみに〜という事なので、更新期待しています。(^^)

    1. Rie Okawara says

      Michoさん
      はじめまして。大先輩からのコメント頂き恐縮です。ありがとうございます。おっしゃる通り、英語の授業は確かに立場が逆転していました笑 先日、新しく記事を更新し、笑いあり涙ありのチリ高校留学エピソード4を投稿いたしました。その記事にて少し英語の授業について記載したのでお時間あるときに是非ご覧いただければ幸いです。(^0^)

コメントを残す