南米情報を日本語でお届けいたします

2018年中南米、各国の選挙カレンダー

0

2018年の中南米は、南米6カ国で大統領選挙が催され、キューバのカストロ家の政策の幕閉めになるか、ベネズエラのマドゥロ政権が続行または辞任となるのか、政治面での動きが多く、活発化する年となります。

 

各国の選挙カレンダーは以下の通りです。

 

  • コスタ・リカ「大統領選挙2月4日」2回戦が必要となった場合には4月1日

  • エル・サルバドル「立法および地方選挙3月4日」

  • コロンビア「立法選挙3月11日」

  • パラグアイ「大統領選挙4月22日」

  • キューバ、4月にラウル・カストロ議長交代、カストロファミリーが政権から降りるのは1959年以来

  • コロンビア「大統領選挙5月27日」、元コロンビア革命軍(FARC)のロドリゴ・ロンドニョ氏が候補者として出馬、2回戦が必要な場合は6月17日が予定されている

  • メキシコ「大統領選挙7月1日」

  • ブラジル「大統領選挙10月7日」、2回戦が必要となった場合には同月28日に開催される

  • ペルー「地方選挙10月7日」

  • ベネズエラ「大統領選挙」、来年の最後の四半期の予定

 

キューバとベネズエラの政権交代の可能性、新たな政権が左翼になる可能性のブラジル、元コロンビア革命軍が政権を握る可能性、2018年の中南米の選挙は新たな風を運んでくると推測されます。

 

 

 

コメントを残す