南米情報を日本語でお届けいたします

複合アパレルショップParis、ビニール袋の提供廃止へ

0

Parisの店舗では、Sin Bolsa Por Favor(ビニール袋は結構です)イニシアチブを通して3千万ものビニール袋を排除する。 4年間に渡る準備期間を経て、全国43店舗での使用を完全に排除することになったParisの取り組みは業界で初となる。

チリ国内だけでも、分解におよそ400~500年かかる可能性がある使い捨てビニール袋が340万も循環している。海洋汚染にはプラスチック廃棄物が80%~90%も占め、環境への悪影響が懸念されている。2050年には魚よりもプラスチックの方が多く海に存在すると推定されている。

上記を踏まえ、Parisの店舗では、12月1日より顧客のためにさまざまな選択肢を提供し始めた。

一つは、環境的に適切に管理された森から生産された材料を原料とした認証紙袋の無料提供だ。この紙袋は分解が速く、リサイクルしやすい。また、再利用可能なエコバッグも3つ提供しており、顧客が自分のニーズに最も適したものを購入することができるようになった。

 

 

 

引用:http://portal.mma.gob.cl/paris-elimina-la-entrega-de-bolsas-plasticas/

画像元:http://www.eldinamo.cl/ambiente/2017/11/16/tiendas-paris-elimina-de-forma-definitiva-la-entrega-de-bolsas-plasticas-a-sus-clientes/

コメントを残す