ノーベル賞の晩餐会でチリ産ワイン

0

 

なりたい自分

2月10日、オスロで行われてノーベル賞の授賞式(核兵器廃絶国際キャンペーンICANへのノーベル平和賞の授賞式でサーロー節子さんが演説を行いました。)の晩餐会でチリワインが振舞われました。

晩餐会には1000人以上の招待客が参加し、数年ぶりに前菜はベジタリアンで、食前酒として、チリワインのLate Harvest Sauvignon Blanc 2016が楽しまれました。

その他にも、Viña ErrázurizのワインやTaittinger Brut RéserveとDomini la Cartoixa Formiga De Vellutがリストアップされていました。

食事の支度には40人のシェフが参加し、ウェイター・ウェイトレスは190人、招待客は1350人でした。最初のノーベル賞の授賞式が行われた1901年の招待客113人を遥かに越し、その規模は盛大になっています。

 

情報源: Vino chileno fue protagonista en el banquete de los Premios Nobel | Emol.com

コメントを残す