最高裁判所

-最高裁判所での弁護は二通りのやり方があり、一つは通常通り最高裁判所(STJ)にて、もう一つは特別措置の最高連邦裁判所(STF)であり、国の最高裁判所である。

– 最高裁判所(STJ)では弁護側が判決に関する法的な質疑を行える。最高連邦裁判所(STF)では、憲法的側面を問える。両方のケースで、結論が出るまで判決の停止を申し立てられる。

 

選挙裁判所

– ブラジルの選挙裁判所(選挙最高裁判所)がルーラが候補者として適格ではないと検討するためには、全ての二時審判が試みられなければならない。最高裁判所、最高連邦裁判所共に判決の効力を妨害する裁決を評決できない。

 

ルーラ元大統領への支持率は36%で候補者中最も高く、大統領選挙候補から除外された場合には政治的背景を根本的に変える出来事になる。