Entelタワーでの新年のお祝いの後には35トンものゴミが残された

0

サンティアゴの市町村は、約40万人が花火を見るために集まったと報告した。サンティアゴのフェリペ・アレッサンドリ市長は、市民の行動を「模範的なものであった」と説明した。 

 

なりたい自分

 

アレッサンドリ市長によると、新年のお祝いの為にEntelタワーに集まった40万人によってその後35トンものゴミが町の中心部に点在した。

このような状態であったとしても、市長は「不法行為が見られた過去に比べると今年は人々はお祝いを楽しむことに集中し非常に模範的な振る舞いをした。」と市民の行動を強調した。

ごみの処理に関しては、アレッサンドリ市長は「自治体のチームが徹夜でエンテルタワーの周りを清掃した。彼らのお陰でアラメダは前年より1時間早い朝3時には再び車両交通を開くことができた」と語った。

アレッサンドリ市長は続けて「朝7時には、私たちのコミットメントであったように、アラメダは完全に綺麗な状態となった」と指摘し、「私は、模範的な仕事を行った現場監督、清掃員、管理要員、セキュリティーの衛生を含む、すべての自治体190人の従業員に非常に感謝しております。」と述べた。

最後に、サンティアゴの自治体は清掃スタッフが歩道に残こった細かい清掃作業を 12:00まで行い、無事清掃が完全に完了したと報告した。

 

 

 

 

引用:http://www.emol.com/noticias/Nacional/2018/01/01/889454/Celebracion-de-Ano-Nuevo-en-la-Torre-Entel-deja-35-toneladas-de-basura-producto-de-los-400-mil-asistentes.html

画像元:http://www.latercera.com/noticia/ano-nuevo-35-toneladas-basura-dejaron-los-festejos-la-alameda/

 

Booking.com

コメントを残す