ペルー:バス転落事故〜死者51名

0

 

ペルー、リマ市の北部で高さ100メートルの場所からバスが転落する事故が発生しました。51名が命を落とし、6名が生存しました。

救助作業には厚生省、消防隊と軍隊が参加し、事故現場の点検にはドローンが使用され作業の効率化に役立ちました。高さ100メートルから海岸沿いに転落し、遺体は車外に放りだされ、荷物が散在しています。事故現場から遺留品を盗もうとし、逮捕者も現れました。

なりたい自分

遺体が収容されているチャンカイの死体保管所では、厚生省のメンタルヘルスの職員が残された家族の精神面をサポートしています。

事故現場は、リマ市の北部約45kmのパナメリカナ・ノルテ幹線道路の「悪魔のカーブ」と呼ばれるパサマヨらせん道路で、大西洋に沿って断崖に作られています。

その現場では、今までも数々の交通事故が発生しています。閉曲線で大型車両が頻繁に行き交う曲がり道であり、海岸沿いのため頻繁に濃霧が発生します。

ペルーのクチンスキー大統領は、悲惨な事故現場となったパサマヨ道路を閉鎖するために、高速道路を左右3レーンに拡張するための手続きを開始するように交通省に通達しました。

リマ市と北部を結ぶ主要道路には「バリアンテ・デ・パサマヨ」と呼ばれる高速道路が存在し、砂山に囲まれている地帯であることから、主に個人乗用車と軽自動車によって利用されています。

 

情報源: http://www.emol.com/noticias/Internacional/2018/01/04/889827/Cifra-de-muertos-por-accidente-de-bus-en-Peru-sube-a-51-personas.html

Booking.com

コメントを残す