ペルー:恩赦で釈放となったフジモリ元大統領、「Pativilca」事件で裁判へ

0

今週の月曜日、ペルー裁判所はフジモリ元大統領(1990-2000)が1992年の「Pativilca」事件に関する裁きを受けるべきだと決定を下した。この事件に関しては、クチンスキー大統領によって受けた恩赦は当てはまらない。

司法当局の広報担当は、犯罪捜査室の決定はフジモリ側の弁護団によって上訴される可能性があると表明した。近日中に第一回目の公聴会の日程が指定され、元大統領の出席が必要になる。

1992年1月29日、西部のPativilcaで軍隊を真似たコリナグループによって6人が殺害された。証人は、この作戦はフジモリ元大統領の承認の元に行われたと証言している。

なりたい自分

去る12月24日、クチンスキー大統領はフジモリ元大統領に人道的な恩赦を与えた。しかし、Pativilca事件に関しては、終身刑や他の刑が課せられていなかったため、恩赦には値しないと裁判所は判定した。

裁判期間中、フジモリ元大統領には口頭弁論に毎回出席する義務が生じ、Pativilca事件の責任を負うことになった場合には50万ソル(約15万ドル)の賠償額を支払う事になる。

 

 

参考情報: Alberto Fujimori será juzgado por el caso ‘Pativilca’ a pesar de haber recibido el indulto

Alberto Fujimori sera procesado por el Caso Pativilca

参考画像:Wikipedia commos

Booking.com

コメントを残す