国際労働機関、ベネズエラの労働条件に対する公式調査を開始

0

国際労働機関(ILO)は、雇用主がニコラス・マドゥーロ政権に対して、労働政策の鍵となる結社の自由、雇用者や労働者との社会的対話の欠如を理由に行なった苦情を元に、ベネズエラに対する公式調査を開始した。

この捜査は、2015年以来行われているベネズエラの商工会議所連合会フェデカマラの訴えに従っており、ある声明によると雇用者と指導者に対する「信用出来ないキャンペーン」の一環として「攻撃、暴行、嫌がらせ」が示されている。

フェデカマラは国際労働機関条約の3ヶ条の違反を避難している。

なりたい自分
  • 一つ、雇用者への攻撃による結社の自由の違反
  • 二つ、社会的対話を行わずに最低賃金の引き上げを決定した事
  • 三つ、この社会的対話を無視して労働政策を打ち立てた事

過去3年間で、国際労働機関の執行機関はベネズエラのケースに対して6回に渡って議論し、「フェデカマラとその関連団体及び指導者に向けられた干渉、侵略、避難を終わらせる」助言を政府に勧告した。

ベネズエラ関係者側の進展がみられないため、国際労働機関は今週水曜日に独立した3名のメンバーによって「全体的な苦情調査、事実判断、問題に対処するための勧告を行う」ための調査委員会の立ち上げを決定した。

国連機関によると、調査委員会は「加盟国が批准している労働に関する国際条約に重大かつ永続的に違反している場合」に設置される。1919年に国際労働機関が創設されて以来、12回委員会が設立され、最後は2008年のジンバブエであった。

 

 

 

参考情報: La OIT abre una investigación oficial sobre las condiciones laborales en Venezuela

参考画像:wikimedia commons

Booking.com

コメントを残す