チリ:事故被害者を「ハグ」する警察官の姿が人道的だと話題を集める

0

3月1日、衝撃的な事故が港町バルパライソで発生。バルパライソの有名な坂Santos Ossaで、大型バスが自家用車の上に横転し、47人の負傷者を出した。街中で起きた悲惨な事故内容と共に、座り込む男性を抱きしめる警察官の写真が拡散した。

写真に写る警察官フレディ・ゴメス・ベガ(35歳)は、事故調査後に一部始終についてのコメントを寄せた。

 

「事故が発生したという連絡と協力要請後、現場に駆けつけました。業務遂行中に、孫と2人きりで憔悴している男性が目に入りました。押しつぶされた乗用車のドライバーで、車に閉じ込められている妻を心配していました。

 

 男性が落ち着く事を一番に考え、「ハグしてもいいですか?」と尋ねると、男性は、「そうだね。。。そうしてほしい」と答えたので、ハグしました。男性は悲しみを堪えず泣き崩れ、私は、「溜まってるものを全て吐き出してください」と伝え、彼を支えました。

 

 事故後の状況はとても複雑で、自分が父親であり、子供がいると、相手の立場に立ってしまいます。ユニフォームを脱げば、相手が必要としている助け、ハグ、気持ちを察することができます。」

 

話題となった警察官は、警官になって10年目であり、子供の頃から憧れていた職に誇りを持っている。乗用車に閉じ込められた妻を心配する男性と妻のその後を気にかけている。

事故を起こしたPullman Lago Peñuelasバスの運転手は、運転免許を剥奪され、夜間外出禁止令を言い渡されている。事故原因は、運転手のブレーキ判断ミスにより下り坂でバスが横転したもので、120日間の調査と口頭裁判後に345日から3年の刑に科せられる。

事故被害者のうち、重症者が4人、その他54歳の男性1人が腕を切断され、命の危険性があると報告されている。

 

参考情報:

http://www.emol.com/noticias/Nacional/2018/03/02/897162/Con-arraigo-nacional-y-arresto-domiciliario-nocturno-quedo-conductor-de-bus-que-se-volco-ayer-en-Valparaiso.html

La historia detrás de la imagen del carabinero consolando a un hombre tras el accidente en Valparaíso | Emol.com

画像情報:Carabineros de Chile

Carabineros

コメントを残す