World Happiness Report 2017、南米の国々のランキングは!?

0

2017年幸福度ランキングが発表された。155カ国が調査対象となり、最下位には中央アフリカ共和国、ブルンジ、タンザニア、シリア、ルワンダの国々がランクインしている。

南米の国々では、上位がチリ(20位)、ブラジル(22位)、アルゼンチン(24位)、ウルグアイ(28位)、コロンビア(36位)、エクアドル(44位)、ボリビア(58位)、ペルー63位、パラグアイ(70位)、ベネズエラ(82位)という結果で、チリが南米上位となった。

ランキング1位は、原油価格下落に影響されない状態でノルウエーがデンマークを抜いてトップ。その次にアイスランド、スイス、フィンランドと続く。

「北欧の国々はコミュニティー意識と常識の良き理解によって成り立っている。」

また、幸福度のためにはある程度の金銭的な余裕も必要となり、ランキング最下位の国々は極端な貧困状態にある。

幸福を測る事は軽薄に思えるかもしれない、しかし、学問の世界では人々の感情面の幸福に関する、より多くの証拠を求めている。

調査に関わっているエコノミスト達は2012年に選出を初めているが、傾向を評価するためにはそれ以前のデータを使用している。

調査リストは、一人当たりの国内総生産(GDP)、平均寿命と4つの世界的調査要因に基づいている。これらの中で、参加者は、人生を選ぶ自由、社会における腐敗感、どれだけ寛大か、社会支援について1から10の得点を付ける。

ほとんどの国で多くが幸せ、または幸せであろうとしているが、米国ではその感覚がこの10年間で5%下がった。過去10年間で最も下がったのはベネズエラと中央アフリカ共和国で、その反対にニカラグアとレトニアは成長を見せている。

 

幸福度ランキング上位の国々

1位 ノルウェー

2位 デンマーク

3位 アイスランド

4位 スイス

5位 フィンランド

6位 オランダ

7位 カナダ

8位 ニュージーランド

9位 オーストラリア

10位 スウェーデン

11位 イスラエル

12位 コスタリカ

13位 オーストリア

14位 米国

15位 アイルランド

16位 ドイツ

17位 ベルギー

18位 ルクセンブルク

19位 イギリス

20位 チリ

 

幸福ランキング下位の国々

135位 ニジェール

136位 マラウィ

137位 チャド

138位 ジンバブエ

139位 レソト

140位 アンゴラ

141位 アフガニスタン

142位 ボツワナ

143位 ベニン

144位 マダガスカル

145位 ハイチ

146位 イエメン

147位 南スーダン

148位 リベリア

149位 ガイアナ

150位 トーゴ

151位 ルアンダ

152位 シリア

153位 タンザニア

154位 ブルンジ

155位 中央アフリカ共和国

 

 

 

 

参考情報: Chile es el país más feliz de Sudamérica: conoce qué nación lidera el nuevo ranking a nivel mundial | Emol.com

参考画像:Felicidad

コメントを残す