キューバ:カストロ政権時代の終わり〜国会で新たなリーダーが選出される

0

本日水曜日、キューバ革命後60年間に渡って政権を握りキューバを指導してきたカストロ政権の幕引きが始まる。

9回目となる立法議会が水曜日(現地時間午前9時)と木曜日にかけてラ・ハバナの国会議事堂で開かれ、3月11日に選挙で選ばれた605名の議員の宣誓の元、新たなキューバの国会が構成される。

国家総会は「政府の権力の最高機関」であり、「共和国における憲法と立法権を持つ」唯一つの機関と位置付けられている。

なりたい自分

特別にサプライズがない限り、次の最高指導者に選ばれるのは2013年から第一副大統領のミゲル・ディアス・カネル議員(57歳)になると想定されている。

ラウル・カストロ議長は自ら設定した就任期限を守る形で辞職するが、キューバ共産党(PCC)の第一秘書であり続ける。

数十年間で初めて正式に政府のトップが交代し、PCCのトップでもある同一人物に集中しない歴史的な出来事となる。

 

 

参考情報: Fin a la era Castro: Congreso cubano elige al nuevo mandatario del país | Emol.com

参考画像:Miguel Diaz Canel

Booking.com

コメントを残す