ペルー:健康と環境を害する商品の消費税を値上げ

0

ペルー政府は健康と環境に有害な商品の「消費に関する選択税(Impuesto Selectivo al Consumo (ISC))」を上げる法令を発表した。

特に増税の影響を受けるのは、タバコ、燃料、中古車両、アルコール飲料と甘味飲料となっている。

経済財務省は、この増税によって「消費を減少させる」目的を掲げる。

なりたい自分

「テーマは公衆衛生で、これによって1年間に8億2622万7千米ドルを集金できることを期待する。」

ISCの改正によって、100mlに付き6g以上の砂糖を含む甘味飲料の税率を25%とする予定である。

タバコの値段は0,05ドルから0,08ドルに値上がりし、20度以上のアルコール飲料のバリューレートは25%から40%に増加する。

燃料は、種類によって3,7リットルのガロンが0,28米ドルから0,45米ドルに値上がりする。

 

 

参考情報: Perú sube los impuestos a los productos que perjudican a la salud y al medio ambiente

参考画像:peru

 

 

 

Booking.com

コメントを残す