ブラジル:サンパウロ市内、24階建てビルの火災と倒壊

0

5月1日、メーデーの早朝に火災が発生したブラジル・サンパウロ市内の24階建ビル。 それによる死者は1名、少なくとも行方不明者3名が捜索対象となっている。

テメル大統領は負傷者家族に限らず、全焼によって住居を失った家族にも救済措置が行われると発表した。

倒壊したビルには約150世帯400人が住んでいたと思われ、建物は政府が所有していた。

1966年に建設され、1980年から2003年まではサンパウロ警察の支部として使用、その後は、一般人の住居として月額14000チリペソから43600チリペソでレンタルされていた。

サンパウロ市役所によると、248人の安否確認がとれ避難所へと移動している。登録されている住人の25%が外国人だという。

火災は早朝1:30分に5階から発生し、瞬く間にビル全体に広がり隣接しているビルにも影響した。瓦礫と化したビル跡地では救助犬による捜索が行われているが、この規模の火災と倒壊では生存への期待は小さい。

 

 

参考情報: Incendio de edificio de 24 plantas en Brasil deja muchos afectados | EL DEBER

Incendio en Sao Paulo

参考画像:sao paulo

コメントを残す